left
top>taj mahal>brothers

brothers

taj mahal    
Brothers - O.S.T.
 
 
ミュージックファーヤと対をなす
静かで、熱っぽくテンションの高い演奏の連続

真夏の夜のカリビアンソウル

<カリブの夜>
 ミュージックファーヤと対をなすと紹介しましたが、決定的に違うのは明るさだと思います。ミュージックファーヤの方は明るい真昼の音、といった感じでしたが、こちらは完全に深夜、ずっしりと重いそれでいて潮の香り漂うとでもいうか、しっかりとカリブを感じさせる独特の心地よい魅力にあふれています。きっと 映画を見れば一層感動できるのでしょうが、残念ながら見ることができていません、、音だけで、行ったこともない外国の雰囲気を感じることができる、不思議な魅力あふれるアルバムです。

<やっぱりスティールドラム>
 ミュージックファーヤもそうでしたが、こちらでもロバートグリニッジのスティールドラムが炸裂しています。特にアルバム後半はインストとなっているので 一層際立ちます。もともとスティールドラム自体カリブを連想させる音ですが、そこにサックスやギターが絡んでカリブの夜を表現し尽くしています。楽器の組み合わせ等、タジマ ハールのアレンジセンスが光ります。

 本当にこのアルバムを初めて聞いたときはこんなアルバムがあったのかと驚きました。タジマハール自体日本ではメジャーとは言いがたい人ですが、それにしてもこんな名盤が埋もれているとは、もったいないです。
ミュージックファーヤが気に入った人、ワールドミュージック系を好む人、
もしかしたら、ダニエルラノワとか音響系のサウンドにも共通点を見出せるかもしれません、真夏の夜のカリビアンソウル、堪能してください。

これが好きならオススメ!
bookmark2