left
top>taj mahal>hanapepe dream

hanapepe dream

taj mahal & the hula blues band   
ハナペペ・ドリーム~忘れられた夢~
大地を感じさせる力強いハワイアン
ゆったりしたスイング感に力強いブルースが同居する
絶妙に爽やかな一枚です

<カリビアンブルース再び>
 演奏メンバーはフラブルースバンドとなっていますが、中心になるのはタジに加え、ドラムのキースタースミスやサックスのルディコスタという76年のミュー ジックファーヤの時のメンバーとなっています。実はアルバムの雰囲気もとてもよく似ています。といっても二番煎じ的な印象はまったくありません。舞台をハワイに移したのと、タジ自身の円熟味を増したボーカルや懐の広さからか、一層リラックスして聴ける内容に仕上がっているといえます。

<ブラックジャックデイヴィ>
 このアルバムの個人的ベストトラックはダントツの2曲目、ブラックジャックデイヴィです。74年のモ ルーツが初出ですがこちらの方が勝っているでしょう。何といってもフラブルースバンドのバンドとしてのグルーブ感がよく出ています。バンドが一丸となって猪突猛進していくような、アルバム中最も力強い演奏です。スティールギターが出すハワイアンの雰囲気に加えて、タジマハールが吸収してきたスカやレゲエといった要素が加わり新たな演奏の境地に達しています。この曲のもう一つの聴きどころはタジ自身のギタープレイです、ソロからバッキングまでセンス溢れる演奏です、是非注意して聴きこんでほしいと思います。
夏にぴったりの、ハワイアンブルースです。

これが好きならオススメ!
bookmark2
>